先進医療の高額負担は大きい!

医療保険を人気ランキングから選ぶなら

医療保険を選ぶ方法は色々とありますが、料金やインターネットの口コミなどから算出したおすすめ順のランキングはかなり良い選び方のひとつだと思います。医療保険ランキング 【おすすめの医療保険の選び方】

先進医療の保険は本当に必要なのか?

最近はガンの治療にとても友好的な最先端の治療方法なども多く開発されていますが、そういった先進医療というのはまだ保険が適用外であり、全てが自己負担となることがあります。その金額はとても大きく、がんの放射線治療である「重粒子線治療」に関しては数百万円以上の負担となります。

以上のことから先進医療の特約が付いている医療保険に加入される方が増えてきています。

ネット型通販保険のデメリット

ネット型通販保険が現在、急成長していますが、実は大きなデメリットがあります。それは何か起きた後の保険料の受け取り手続きなどを専門家でもない自分たちがやらないといけないことだったりします。

病院、市役所など全て自分で行って、先生に色々と質問したりととにかくものすごい労力を必要とします。人によっては上手に保険金をもらえないこともあります。こういったときのためにも保険屋さんはいるということを覚えておきましょう。

先進医療は誰でも受けられるわけじゃない

先進医療には専門の医師や高度な専用の機械を必要とすることが多いです。そうなると当たり前ですが、全国各地のどこの病院でも先進医療は受けられるわけじゃないということですね。

がんの放射線治療も受けられる場所が決まっているということです。住んでいる地域によっては、せっかく先進医療の特約をいまの医療保険につけていたとしても、使えないまま終わることもあります。

月々100円だからいいや、とつける方もいるのですが、そもそもそれが本当に自分に必要なのか?を冷静に考えてからつけるようにしましょう。保険会社のパンフレットごとにすごく説明しているところもあれば、全くと言ってよいほど説明が無いところもあるので、何社か見比べてみることをおすすめします。

学資保険って本当に必要なのかな?

学資保険といえばゆうちょのかんぽ生命が出しているこども保険が有名ですが、さて、実際のところそこまで必要あるのか?というとけっこう微妙なのかなと思ったりします。

しかし、貯蓄目的や資産運用を目的として学資保険に加入する方も少なくないので決してバカには出来ませんけどね。

ちなみに学資保険についてモット詳しく知りたいと思うのであればこちらのサイトでは実際の生命保険会社のスタッフに学資保険のインタビューをしているのをQ&A形式でとてもわかりやすくまとめてくれています。

<

運営者情報